中国語の翻訳をする場合はどうしたらいいの?

英語学習は進めている人も多いですが、同じアジア圏にも関わらず中国語まで手が回っていない、そんな人も多いものです。しかしきてしまった中国語翻訳の機会、そんなときに便利な翻訳サービスについてご紹介いたします。

中国語翻訳はアプリではなく翻訳会社へ

中国語翻訳ならプロの翻訳会社

英語は比較的関心を持たれていたり、また必修科目となっているのでこれから勉強する人も多いものとなっていますが、となりの同じアジア圏である中国語はまだ全然手を付けていない、そんな人も少なくはないものとなっています。
とはいえ中国語も利用する機会が増えているのがビジネスシーン、オンライン事業が活発化している現在、海外の企業との取引もよくあることです。
そんな中で必須となりだしているのが英語は勿論ですが中国語も必須となりつつあり、実際ビジネスシーンでも頻繁に使われている言語となりつつあります。
英語もですがまだ日本人は他国の言語に明るくない人も多く、そんなときに戸惑う人も少なくはないのが現実です。
そんな中で使われているのが翻訳アプり、フリーの翻訳アプリもあるのでそれをつかってギリギリ解読している、そんな方も少なくはないです。
しかしこの翻訳アプリは直訳しているだけにすぎない場合も多く、ちょっと複雑な言語や専門用語、細かいニュアンスは間違って翻訳されてしまう場合も多いです。
そのため本当に伝えたい意味合いとはまた違う文章になってしまうことも多く、プライベートではまだ使えるかもしれませんが実際取引をビジネスシーンでするにあたっては使うのは控えたほうがいい、そういうツールとなっています。
中国語があらかたわかっていて大意を理解出来たらあとは自分でどうにかできる、そういう方にとっては非常に有効なものかもしれませんが、それができる人も少ないというのが現状です。
中国語もいま勉強しに行っている人も多いですが、まだ読み書きまで至れていない、そんな人も多いです。
英会話もですが、話す、聞くはまだ一番簡単な段階となっており、耳が慣れていると比較的聞き取りもスムーズにいきます。
子供が言語を覚えていく過程と類似しており、耳が段々慣れていくとまず聞き取りが出来るようになってくる、そのあと段々と話せるようになってくる、意味が雰囲気を通して伝わってくる、そんな経過をたどって覚えていくこともできます。
そのため英語教室では基本的に日本語を使わず、どんなことでもとりあえず英語で話す、そんな勉強方法を取り入れているところも多い程です。
しかし話したり聞いたりはできたとしても読み書きはできるとは限らないのが言語、日本語も話せても読んだり書いたりするにはまず勉強しなければならず、それを義務教育中に習得していってます。
他国の言語も同様で中国語もその手順を踏んでいくことが多く、まだ日本語にも使われている漢字を利用しているのでなんとなくのニュアンスはつかめますが正確に翻訳するためには勉強が必要なものとなってきます。
それほど難易度の高くないものであればなんとか翻訳ソフトも使いながら乗り切ることができるかもしれませんが、ビジネスにおける長文を見る場合はお手上げ……しかもここから自分で中国語を作らなければならない、となると尚更難しいものとなります。
翻訳アプリを使うとおかしな文法になってしまいますが、翻訳会社にきちんと依頼することでそれは解消されます。
翻訳会社では英語をはじめ中国語やロシア語、フランス語などさまざまな言語に翻訳できるスタッフが揃っています。
中国文化にあわせた精度の高い翻訳をしてもらえますので、正確さが求められるビジネスシーンで強い味方となってくれます。
情報は大切な物、それをより正確に海外企業に伝えるためにもこうした翻訳会社の利用をおすすめいたします。

中国語と日本語、直訳すると危険なわけは?

中国語翻訳で気を付けるべきこと

中国語と日本語、翻訳アプリではなく翻訳会社がおすすめなわけは文化の違いも大きいです。
日本では目上の人に敬意を払うためにも必要とされている敬語、ビジネスでも当然のように使われていますが、じつはこの敬語、中国には存在しないものとなっています。
では中国の方は敬語を使わずに話すのか?敬意は払わないのか?という疑問が出てきますがけしてそういうわけではなく、中国では敬語を使うのではなく敬意を払うときは行動や表現で表すときが多い、そういう違いがあります。
こうした翻訳アプリを使うときも日本語は敬語でいれてしまいがちですが、敬語がない中国語に翻訳した場合間違った伝わり方をしてしまう、直訳すると全然違う言葉になっている、そんなことも十分起こるものとなっています。
また中国語は孤立語といって、使われている一つ一つの漢字に意味をもっています。
それを合わせることで文章やその意味を完成させるものとなっており、文章の位置や時間軸など問わず文字が変わることがないです。
また文章翻訳の場合はあまり関係ないかもしれませんが、音声翻訳の場合声調も重要となっており、声の高低によって変わってくる部分もおおいにあります。
音声翻訳の時はより注意が必要であるということにもなります。
翻訳アプリを使うことが悪いというわけではなく、大意を知るには十分なものとなっています。
しかしビジネスシーンのように正確さを求められる場合は、翻訳アプリに頼るのではなくきちんと翻訳会社に依頼して翻訳をしてもらうのがおすすめです。
伝わり方の違いでどうしてもズレがでてしまうのが言語、日本人同士の会話でも起こることなのですから他国の言語を利用するとより起こりやすいものとなります。
そうしたミスを防ぐためにもより言語に理解が深い翻訳専門の会社に依頼することで、スムーズな文章のやり取りが可能です。
現地の文化も理解した上での、より正確で意味合いが伝わりやすい文章に翻訳してもらえるものとなっています。

翻訳会社で正確な中国語翻訳を!

翻訳会社で正確な中国語翻訳

海外にも見てもらえるようにWEBサイトを作ったり、動画に正確な中国語のテロップを入れたいなど、中国語翻訳はさまざまな場面で必要になります。
しかし多言語をしっかり使いこなせる社員がいるかどうかは別の話、けれど正確な中国語で企業の宣伝がしたいなど、さまざまなニーズに応えられるように翻訳会社では依頼を受け付けています。
WEBサイト翻訳やマニュアル翻訳は勿論ですが他にも専門用語が多く含まれる法律、医療、産業技術などの分野も正確に翻訳、また中国文化にそったより伝わりやすい言語での翻訳を行っていますので、現地の人に確実に伝わる、そんな翻訳を行っています。
こうしたオープンな翻訳はもちろんですが機密事項などについても翻訳は可能、セキュリティ面も万全なので安心して任せていただけるようになっています。
最高品質の中国語翻訳はその精度は勿論ですが、何度も人の目を通して確認、その上で納品されますのでミスもなくご依頼主様のもとに届けられます。
高品質な翻訳を低価格でスピーディに提供してくれる翻訳会社、実績の多い企業に至っては官公庁や研究機関での翻訳実績もあり、大型案件にも対応可能となっています。
中国語は表現が非常に難しいもの、翻訳したいけれど正確さが必要ゆえに自信がない……そんなときは翻訳会社に依頼するのがおすすめです。
ビジネスを中心に用途にフィットした、正確で安心の翻訳サービスを受けられるようになっています。